猿田彦神社の初詣情報

猿田彦神社 未分類
未分類観光
この記事は約2分で読めます。

伊勢市の猿田彦神社は、伊勢神宮内宮の入り口に位置しており、初詣の期間中にはかなりの混雑が見込まれています。そのため、この時期には猿田彦神社周辺の道路で大規模な交通規制が実施されています。
写真:車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅

猿田彦神社の初詣情報

猿田彦神社の周辺では、例年、大晦日12月31日から1月初旬にかけての期間、及びその後の1月中の土・日・祝日については、初詣対策としての交通規制が広範囲で実施されています。

特に猿田彦神社前を含む伊勢神宮内宮エリア、そして外宮エリアの両方において、車両通行禁止、指定方向外進入禁止、バス専用レーンなどの規制が臨時に設けられます。伊勢自動車道については、猿田彦神社に近い伊勢西インターチェンジからの流出が不可となる出口規制も実施されます。

一方、三重県営サンアリーナ臨時駐車場にマイカーを駐車し、シャトルバスで初詣をするパークアンドライドもあります。

猿田彦神社の概要

猿田彦神社は、三重県伊勢市にある神社で、猿田彦大神とその子孫の大田命を祀っています。

猿田彦大神は瓊々杵命の天孫降臨伝説において、導きの役目を果たしたことから、交通安全などの御利益でも信仰されています。

鳥居が八角柱になっているめずらしいつくりとなっているのが注目されます。

猿田彦神社の御利益

猿田彦命(さるたひこのみこと)は、古事記や日本書紀が伝えるところでは、邇邇芸命(ににぎのみこと)の天孫降臨にあたって、天の八衢(やちまた)に立って行く先を照らし、葦原中国(あしはらのなかつくに)までの道案内をした神とされています。

また、邇邇芸尊が葦原中国に無事に到着した後、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が猿田彦命を送り届け、そこで結婚したともいわれています。

このことから、猿田彦命の一般的な御利益・御神徳として、進学や立身出世、新規開業などの道開きや、交通安全、旅行の守護、さらには天宇受売命とともに祀られて、縁結び、恋愛成就、夫婦円満などがいわれているところです。

猿田彦神社の所在地・連絡先・交通案内

名称 猿田彦神社
祭神・本尊 猿田彦命
所在地 三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
電話番号 0596-22-2554
公式サイト [リンクをクリック]
交通案内 近鉄「宇治山田駅」から三重交通バスで10分、「猿田彦神社」下車
伊勢自動車道「伊勢西インターチェンジ」から車で5分(ただし、初詣期間中の出口規制注意
備考