交通事故の慰謝料の基準とは

スピードメーター 運転免許
運転免許
この記事は約2分で読めます。

交通事故の被害者が加害者に請求する慰謝料の金額については、さまざまな基準があります。

交通事故の慰謝料の基準とは

交通事故で被害を受けた人には、さまざまな精神的あるいは肉体的な損害が生じます。その損害を補修する手段として金銭を用いるのが、ここでいう慰謝料と呼ばれるものです。ただし、どのような被害に対して、どの程度の金銭を支払えばよいのか基準がなければなかなか決まらないのも事実です。そこで交通事故の慰謝料の客観的な基準がいろいろと考え出されてきました。

自賠責保険基準

自賠責保険は広く薄くドライバーが負担を募って、これを交通事故の被害者の最低限の補償にあてることを目的としています。したがって最低限の基準としてはこの自賠責保険による基準が挙げられるでしょう。

任意保険基準

もっとも多くのドライバーは法律による強制加入である自賠責保険のほかに、任意保険と呼ばれるものに加入しています。この任意保険ではそれぞれの損害保険会社が内規で定めた任意保険基準が適用されます。詳細は公表されていませんが、自賠責保険よりも若干金額は高くなっているのがふつうです。

弁護士基準

これ以外には俗に「弁護士基準」と呼ばれるものがあります。交通事故の慰謝料に関する示談や訴訟を依頼した場合、弁護士はこの基準によって算定することになります。これは過去の判例などをもとにした基準で、その実態は日本弁護士連合会の交通事故相談センター本部や東京支部が編集している「青本」「赤本」と呼ばれる冊子に掲載されている金額の基準です。他の基準と比較してもっとも高くなっています。